かわいい盛り。


ただいまうちの子たち、3歳と7歳。

3歳といえば、その可愛さで親に一生分の恩返しをする、といわれるほどかわいい盛りだし、
7歳といえば、稲垣足穂によれば、男の子が一番良い時期(少年愛の美学より。だから、どういう意味かはあれだけど) だし、
母としては幸せいっぱい!夢いっぱい!なはずなんだけどー。。。

最近、2人ともかわいくないですo(`ω´*)o

3歳は反抗期と自立の時期で人の言うこと聞かないし、気に入らなければ暴れる(!)
7歳は屁理屈ばっかりこいて言うこと聞かないし。

参るわー。

あとから振り返ったら、綺麗な思い出になっているのかしらん。。。

冷静に見ると2人ともかわいいんだけどね。
自分の子だから、無責任にかわいがれないのだね…
かわいいのは、人んちの子だわね。

そういえば以前、うちと同じような3歳違いの子のお母さんが
「生まれたばかりの赤ん坊と、カタコトでかわいい盛りの3歳といて、幸せなはずなんだよ、ね…正直しんどい」みたいなこと
つぶやいていたのを見かけたんだけど、 うちも3年おくれてその境地です。

うちはもう赤ん坊じゃないので、肉体的な負担(夜泣きやら抱っこやら乳をやるやら)はないのが救いです。

いやまあ、それでもうちの子たちはまだまだ全然かわいいほうだと思うので、ぼちぼちがんばります。
自分の小さい頃のこと考えると、戦慄する…!!
(何がどうだったかはご想像におまかせします…)

稲垣足穂といえばこちら。長男が最近読んでます。超名作…!
[amazon asin=”4835440811″][/amazon]

Comments are closed.